ミラノ在住のマダムMizkoが世界の街を歩きに歩いて見つけた
Something Special な商品をあなたにお届するショップです


Special Links
京都市伏見区 ネイルサロン【ルキア】

Ciao! (チャオ!)いらっしゃいませ!
"Mizko's "Via Marcona"は、ミラノ在住の店主(マダムMizko)がヨーロッパ諸国をはじめ世界を旅しながら出会った、日本では知られていないデザイナーの作品や、日本ではまだ売られていない商品を販売しているショップです。
ショップの名前 『Mizko's "Via Marcona"』 は「Mizkoのマルコーナ通り」という意味です。マルコーナ通りはブティックやレストランなどが建ち並ぶミラノに実在するストリート。
ブランド商品には飽きた方や卒業した方。高価な物は既に持っている。今はお手頃で、でも他の人と被らない物=Specialな物が欲しいという方。是非このショップを覗いて見て下さい。

2020年秋 京都即売会中止のお知らせ

マダムMizko厳選!レアアイテム

マダムMizkoの海外diary
1月6日魔女の日?/ミラノ暮らしのマダムMizko

Readerの皆さんへ、Mizkoからの心からのメッセージIMG_3932
いよいよ日本もコロナ感染のスピードが上がって来ました。
これは、イタリアでこの一年間経験した私が一番恐れていたことです。
一度コロナのスピードが上がってしまうと、もうなかなか止まらない
今一度日本国民の命と経済を守るためにも、お一人お一人が慎重に行動し、呉々もお体に気をつけてお過ごしください


IMG_3935本日1月6日は、ドイツでは『Heilige Drei Koenige=ハイリゲ ドライ クーニゲ と呼ばれる公現祭(東方の三博士の来訪記念日)』のため祝日です。生活の中では、「クリスマスが終わる日」としてクリスマスツリーを片付けるのが一般的です。IMG_3942
この日はイタリアでも祝日で、こちらも公現祭で『Epifania=エピファニア』と呼ばれ、これでNatale(クリスマス)が終わります。

イタリアでは、前日5日の夜中に子供達が枕元に靴下を置いて寝ます。その間にBefana=ベファーナ(魔女)が箒に跨ってやって来て、一年間良い子にしていた子供の靴下の中にはお菓子を、悪い子の靴下の中にはCarbone=カルボーネ(炭)を置いていくと言われています。炭の形をしたお菓子もあります(写真右上:先日日記でご紹介したスーパーで買ったスマイルの靴下に入っていました。Mizkoは悪い子だからではありませんよ〜お菓子も沢山入っていましたから
IMG_3931
我が家には、ドイツで買った魔女が6人いますが、ドイツで言われる『魔除け』として我が家を一年中守ってくれています。(写真:我が家を守る魔女全員集合ボタンを押すと笑ったり光ったりする魔女もいます)IMG_3936

今年の『Epifania』は前日からコロナ感染拡大防止策としてイタリア全土が赤信号(一番厳しい行動制限令)で、余程の理由が無ければ、Stay at homeです外出する場合は、その理由を記した自己宣言書が必要です。

クリスマスシーズンからこの日まで、イタリアの行動制限は大変に厳しく、一方で経済活動を支えるために、日によって制限範囲が異なり、信号の色は、厳しい順から赤、オレンジ、黄色の三色で、その日は何色かを確かめる必要がありました。ここぞという楽しい日は全て赤信号クリスマスも大晦日も勿論赤信号でした
IMG_3939

IMG_3941それを心配した子供がコンテ首相に「サンタさんもロックダウンするのですか」と手紙を出し、「サンタさんはしません。」と返事をしたというニュースもありましたっけ〜
幼い子供達の夢こそは、コロナなんかに壊されたくはありませんね
ベファーナさんはお菓子を運び、自宅で過ごす多くの子供達を笑顔にしてくれたことでしょう

【マダムMizkoの海外diary】ブログ一覧はこちらへ(livedoor)



Mizko’s “Via Marcona”から大切なお知らせ いつも当ショップをご利用頂き、誠に有難うございます。さて各地で展示即売会が続いているため、しばらくネットショップでの販売はお休みさせて頂きます。お客様にはご迷惑をおかけ致しますが、ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。※お問合せは「問い合わせフォーム」からご連絡ください。ネットショップ再開後、順次対応させて頂きます。