ミラノ在住のマダムMizkoが世界の街を歩きに歩いて見つけた
Something Special な商品をあなたにお届するショップです


Special Links
京都市伏見区 ネイルサロン【ルキア】

Ciao! (チャオ!)いらっしゃいませ!
"Mizko's "Via Marcona"は、ミラノ在住の店主(マダムMizko)がヨーロッパ諸国をはじめ世界を旅しながら出会った、日本では知られていないデザイナーの作品や、日本ではまだ売られていない商品を販売しているショップです。
ショップの名前 『Mizko's "Via Marcona"』 は「Mizkoのマルコーナ通り」という意味です。マルコーナ通りはブティックやレストランなどが建ち並ぶミラノに実在するストリート。
ブランド商品には飽きた方や卒業した方。高価な物は既に持っている。今はお手頃で、でも他の人と被らない物=Specialな物が欲しいという方。是非このショップを覗いて見て下さい。

Mizko’s “Via Marcona”から大切なお知らせ いつも当ショップをご利用頂き、誠に有難うございます。さて各地で展示即売会が続いているため、しばらくネットショップでの販売はお休みさせて頂きます。※再開は6月13日の予定でしたが、都合により延期致します。お客様にはご迷惑をおかけ致しますが、ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。※お問合せは「問い合わせフォーム」からご連絡ください。ネットショップ再開後、順次対応させて頂きます。

マダムMizko厳選!レアアイテム

マダムMizkoの海外diary
今更ながらちょこっと自己紹介
いや〜〜アッという間に2017年も2週間が過ぎてしまいましたUnknown
そして寒くなりましたね〜

(写真右:今Mizkoがだい〜すきな龍之助さんです京都で出会ったお気に入り珈琲東京でも飲んでいます。これは、京都前田珈琲創業者のお父様のお名前だそうです

Readerの皆さん、お元気にお過ごしでしょうか?
Mizkoがよくお邪魔する広島も京都も、ニュースで積雪を見て驚きました
心からReaderの皆さんに寒中お見舞い申し上げます。

2017年第一弾のBlogは、今更ですが、ちょっと自己紹介させてください。

先ずはMizko…書き方は兎も角、「ミツコ」と読んでください。
本来ならばMitsukoと書くのが正しいのですが、こう書くと外国人の多くは、「ミツゥ〜コ」と私を呼びます。英語読みすればそれが正しいのですが、なんだか間の抜けたような名前で、私はそう呼ばれる事がキライです
そこで、このショップをオープンする時に、「ミツゥ〜コ」よりは「ミズコ」の方がマシなので、Mizkoと書く事にしました。よくよく考えたら、「ミツコ」って英語では書けない

Unknown-1(写真左:Mizkoのプライベートゾーンでの一番のお気に入りです。これはただの写真ではありません。私が18歳で初めてアフリカに行った時ケニアで撮影した写真ですが、それをまるで地下鉄の駅にある広告のように加工してもらい、大きさもあれと同じくらいありますし、同じように裏から電気で照らしています。写真の上下は棚としてもらいました。Special中のSpecialな家具です。兎に角MizkoはSpecialが好き…

また、イタリアに住んでて、イタリア語の「シニョーラ」じゃなくて何で「マダム」なのと思われる方も多いでしょう。「マダムMizko」としたのは、長年のお付き合いがある私の美容師さんが、何故だかある時からメールで、「マダムミツコさん」と呼ぶようになって、私もすっかりそれに馴れて来たのでこれを頂きました

そしてトレードマークのクルクルヘアーは、多くの方がご存知ないのですが、これは天然パーマです
普段は洗ってムースをつけているだけ
ドライヤーもほとんど使わず自然乾燥がベストです。
お手入れも簡単ですし、暑い時、お食事をする時には、一本もピン無しで髪をまとめられるので、とても便利です

天然パーマのマダムミツコ…と覚えてくださいませね


【マダムMizkoの海外diary】ブログ一覧はこちらへ(livedoor)