ミラノ在住のマダムMizkoが世界の街を歩きに歩いて見つけた
Something Special な商品をあなたにお届するショップです


Special Links
京都市伏見区 ネイルサロン【ルキア】

Ciao! (チャオ!)いらっしゃいませ!
"Mizko's "Via Marcona"は、ミラノ在住の店主(マダムMizko)がヨーロッパ諸国をはじめ世界を旅しながら出会った、日本では知られていないデザイナーの作品や、日本ではまだ売られていない商品を販売しているショップです。
ショップの名前 『Mizko's "Via Marcona"』 は「Mizkoのマルコーナ通り」という意味です。マルコーナ通りはブティックやレストランなどが建ち並ぶミラノに実在するストリート。
ブランド商品には飽きた方や卒業した方。高価な物は既に持っている。今はお手頃で、でも他の人と被らない物=Specialな物が欲しいという方。是非このショップを覗いて見て下さい。

Mizko’s “Via Marcona”から大切なお知らせ いつも当ショップをご利用頂き、誠に有難うございます。さて各地で展示即売会が続いているため、しばらくネットショップでの販売はお休みさせて頂きます。※再開は6月13日の予定でしたが、都合により延期致します。お客様にはご迷惑をおかけ致しますが、ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。※お問合せは「問い合わせフォーム」からご連絡ください。ネットショップ再開後、順次対応させて頂きます。

マダムMizko厳選!レアアイテム

マダムMizkoの海外diary
Mercatone dell' Antiquariato sul Naviglio Grande(ナヴィリオのアンティークマーケット)
Readerの皆さん、Ciao〜〜〜IMG_9614
最近はちょこちょこと他ではUPしているのですが、なかなか日記が書けていませんね。ごめんなさい

先週は京都からお客様がいらして、その方の旅の目的であるピエモンテのチーズ祭りやIMG_9603ワイナリー訪問に同行させて頂き、ミラネーゼMizkoとしては、ディープミラノをご案内させて頂きました。その間飲み過ぎ、食べ過ぎ、体重増加で只今Mizko禁酒中でございます  IMG_9635

ご案内の中でもお客様お二人共に喜んで頂けたのがこのNaviglio(ナヴィリオ)の運河沿い。
Duomo(大聖堂)からすぐですが、下町情緒があり、運河沿いには沢山のお洒落なカフェやBAR、レストランが並んでいますが、お昼間はのんびりしたムードがあり、私の大好きな場所です

(写真右上、正にこの写真通りのファッションをした中国人グループが熱心に見ていました。
因みに下の浴衣は75ユーロ。羽織は200ユーロ位からです。)

IMG_9639
IMG_9668ここでは、月最後の日曜日にアンティークマーケットが開催され、その出店数は400店余りとも言われています。この日ばかりはお昼間でものんびりムードはありませんが、昨日行って来ました
スゴイ人出観光客も沢山いて、色々な外国語が飛び交っていました

アンティーク知識ゼロだった私は、イタリア人の友人に「沢山見て、見る目を養いなさい」と言われ、只今修業中。
アンティーク、アンティークのレプリカ、ただ古いだけのガラクタ、アンティークには全く関係ない品…この違いが解って来たくらいのまだまだお恥ずかしいレベルIMG_9625ですIMG_9610
しかし中国人の女性観光客が、アンティークでも何でもなく、そこら辺で今も売られているバッグを、3倍の値段で買わされていたのは見破れました

普通のストリートマーケットで古着を売っているおじさんが、昨日に限って凄くお洒落をして、いつもと変わらぬ商品を「Vintage」と看板出して出店していましたしね物は言いようですね
(写真右:「Francia 1920」とあり、仰々しくディスプレイされていましたが、フランス1920年代のレプリカ。)
IMG_9632このマーケットに行って困るのは…IMG_9649
こんなガラクタを並べているお店なら、自分の家の要らないものを並べた方が、もっとマシな商品が並ぶ…と思ってしまい、捨てるつもりの物が捨てられなくなること。
Readerの皆さんも、ここにいらしたら、きっとそう思われることでしょう。ご覧下さい右上写真のごちゃまぜガラクタ
(写真右下:近くで見つけたお店ですが、何でしょうかねブラジリアン寿司って
IMG_9665そのくらい何でもかんでも商品化しています。

しかしヨーロッパでは古い家具やランプを大切に使うので、修理に必要なパーツを探しにいらっしゃる方も多いですし、人混みで写真が撮れなかったのですが、古いボタンがとっても素敵です
(写真右下:運河の水は透き通っていて、沢山魚が泳いでいます見ているだけで癒されますよ〜
不可解なのは、古い他人の写真や手紙なんて買う人がいるのでしょうかIMG_9628
IMG_9657あなたも売りますか…昔の彼氏や彼女の写真や手紙

(写真左:よく見たら男性ヌードの絵がありました〜これ目的に撮影したんじゃありませんよ〜でもこれいくらなんだろう


ミラノにいらっしゃる時には、是非、月最後の日曜日ナヴィリオのアンティークマーケットもお忘れなく



【マダムMizkoの海外diary】ブログ一覧はこちらへ(livedoor)